2.パンケーキやワッフル

パンケーキを一から作ったことがある方なら、小麦粉や卵、牛乳、砂糖に加えて重曹などの膨らみを出すための薬剤を加えて作ることを知っているでしょう。卵や牛乳の代わりにビーガン向けのパンケーキを作ることもできますし、グルテンフリーのパンケーキを作るためにグルテンフリーの小麦粉を使うこともできます。しかしながら、これらのレシピに共通している要素があります。それは砂糖です。ワッフルも同様ですが、どちらも一般的な朝食メニューとなっています。

パンケーキやワッフルを使用した朝食で糖分を摂る必要があるのは、それらを甘さなしで食べることがあまりないからです。多くの人がそう考えるでしょう。砂糖入りのシロップや、飽和脂肪酸と塩分の高いカリカリのベーコンなどを添えることは、カロリーを増やすだけで栄養価はあまり高くありません。さらに、これら2つの食品に使用される小麦粉は、精製された白い小麦粉であり、全粒粉やビタミンB群が取り除かれていることが多いです。ですから、休日の朝食に限定することが良いでしょう。

Advertisement